キャッシングで注意しなければならないこと

なるべく無人契約機などでは申し込みをしない

これはよく聞くお話なのですが、一見便利そうに見える無人契約機でのお申し込みは、どこの消費者金融でも結構な時間(概ね1時間~2時間くらい)が必要とされるようです。

一度、無人契約機のお申し込みコーナー(個室)に入ると、ドアが自動的にロックされ、審査が終わるまで出られなくなります。おまけに、無人契約機の中はとても狭く、人によっては結構不安を感じることもよくあるようです。

このようなことにならないためにも、キャッシングのお申し込みは、自宅のパソコンや携帯電話など、できるだけいつもと同じようにリラックスが出来る環境から申し込んだ方が良いでしょう。

携帯番号しか記載されていない貸金業者は利用しない

新聞、雑誌、街角で配布されている広告などに、携帯電話番号しか記載されていない貸金業者、これはとても危険な香りがプンプンします。普通に考えても明らかに変だと感じるはずです。

甘い謳い文句に騙されて、後で後悔しないように、このような業者は間違っても利用してはいけません!

携帯番号しか記載されていない貸金業者は、090金融とも呼ばれています。十分に注意してください。

貸金事業者登録番号が見当たらない消費者金融は利用しない

法律上、この登録番号が無いと金融業をする事ができません。

つまり、この登録番号が無いのに融資を行っているところは違法な業者ということになります。

危ない業者に引っ掛かって大変な目に会う前に、貸金業者の登録番号は必ずチェックしましょう。

また、実際に登録番号が発行されていなくれも、あたかも発行されているかのように偽って登録番号を記載している業者もありますので注意してください。

紹介屋に注意!

紹介屋とは、融資の申し込みをすると、『ウチでは貸せないが、貸してくれそうな所がそちらを紹介します。』という具合に別の消費者金融を紹介して、融資を受けた中の数十パーセントを紹介料としてボッタくる闇金融のことです。

ちなみに、紹介された先の消費者金融も闇金の可能性が非常に高く危険極まりないので、くれぐれも注意してください。

これらを利用すると多少の現金は手にすることができるかも知れませんが、所詮ヤミ金を利用していることになるので、あとで痛い目にあうのは必至です。