担保や保証人は原則不要です!

通常、キャッシングを利用するにあたって、保証人や担保などは不要なところがほとんどかと思います。

保証人や担保が必要無いことと、身分証明書のみで手軽に借り入れできることから、キャッシングの利用者には若年齢層が多い傾向にあるそうです。

では、保証人や担保が必要になる場合はどんなときなのでしょうか?

それは借り入れする本人に返済能力が無いと判断された場合です。

万が一、借りた人が返済できなくなった場合でも、融資額に見合った担保があれば、それを売却して貸付金を回収できます。

また、保証人がいれば、保証人から貸付金を回収できる仕組みになっています。

不動産担保ローンなどがこれにあたります。

ただ、通常のキャッシングのご利用に当たっては「担保や保証人を用意してください」といわれることはありませんので、キャッシングの利用時には保証人や担保をあまり気にする必要は無いと言ってもよいでしょう。