金融事故や自己破産・債務整理をしてもキャッシングで融資してもらえる!?

自己破産者でも、過去に金融事故を起こした方でも、特定の条件を満たせば普通の方と同様にキャッシングをすることは可能になります。

自己破産をすると約7年間はその内容が信用情報会社に記録されてしまいます。

当然ながら、この期間(5~7年)は自分名義での借り入れは出来ませんし、クレジットカードも作れません。

この期間を過ぎてしまえば信用情報会社から記録が抹消されますから、新たにクレジットカードが作れたり、消費者金融などからキャッシングしたりすることが出来るようになります。

ただし、再度同じ会社を利用する場合は注意が必要です。信用情報会社から記録は抹消されますが、企業内にあるデータベースからは削除されていない可能性がありますので、ブラックリストに載った状態になっている可能性は高いと思われます。

また、自己破産をしていなくても毎月の返済が3ヶ月以上遅れると金融事故扱いとなり、こちらは約5年間その内容が信用情報会社に記録されて、その間はどこからも融資を受けられなくなってしまいます。

最近では、スマホの料金未払いでこのケースにハマっている人が多くいるとのことです。スマホの料金には本体の分割料金も含まれていることが多いので注意してください。

広告やインターネットなどで、「ブラックOK」とか「自己破産者OK」とかを謳い文句にしているところがありますが、通常の金融業者ではそのようなことはしませんので、このような広告を出稿している業者はヤミ金同様に危険ですので、くれぐれも手を出さないように十分注意してください。