担保や保証人は原則不要です!

通常、キャッシングを利用するにあたって、保証人や担保などは不要なところがほとんどです。

 

保証人や担保が必要無いことと、身分証明書のみで手軽に借り入れできることから、キャッシングの利用者には若年齢層が多い傾向にあるそうです。

 

では、保証人や担保が必要になる場合はどんなときなのでしょうか?

 

それは借り入れする本人に返済能力が無いと判断された場合です。

 

万が一、借りた人が返済できなくなった場合でも、融資額に見合った担保があれば、それを売却して貸付金を回収できます。また、保証人がいれば、保証人から貸付金を回収できる仕組みになっています。不動産担保ローンなどがこれにあたります。

 

ただ、通常のキャッシングのご利用に当たっては「担保や保証人を用意してください」といわれることはありませんので、キャッシングのご利用時にはあまり気にする必要は無いと言ってもよいでしょう。


関連ページ

キャッシングとは
キャッシングとは何か、キャッシングという言葉を聞いたことがない人やキャッシングを知らない人はほとんどいないと思いますが、まずはこのキャッシングについての基礎知識を覚えておきましょう。
キャッシングの注意事項など
キャッシングを利用する際に注意することなどを紹介しています。
金融事故や自己破産について
金融事故や自己破産があってもキャッシングローンなどからお金を借りることはできるのか心配になっていませんか。
キャッシングは早いネットの即日審査で
キャッシングするなら早いネットの即日審査で時間の節約を!
キャッシングの申込に必要な物
キャッシングの手続きをスムーズにするために必要な物は事前に準備しておきましょう。
キャッシングと貸金業者登録番号
よく目にすることがあるようでない貸金業者登録番号について知っておきましょう。
闇金や違法貸付業者の手口
貸金業者の中には、悪徳で卑劣な業者もいますから、キャッシングの利用にあたっては十分に気をつけなければなりません。